認知症は日々の生活の中で予防をすることができるのです

医食同源

予防をする

認知症は一度かかってしまうと死ぬまで治らないなどと考えている人も少なくはありません。
しかし、認知症は生活習慣との関連がある場合もあるので、生活習慣を心がけることで、予防をすることができます。
予防の方法には様々な方法がありますが、日常生活を過ごしていく中で行いやすい予防法も多くあるので、予防法は誰でも行なうことが出来ます。

認知症の予防で効果的だと言われているのが、食生活の改善です。
たとえば、栄養が偏った食生活をしていたり、お腹が空いていないからといって、食事を取らないような生活が続いてしまうと、それは生活習慣病へと繋がり、認知症になってしまう原因となります。
そうならないためにも、食生活の改善は必要になってきます。
具体的な改善方法としては、まず、食べる食材などを健康的なものへと変えることです。
肉類や、炭水化物などばかりとるのではなく、野菜や、魚などもしっかり食べて、バランスの良い食生活を行なうことが大切です。
また食事を摂る際に、よく噛んで食べるということも、認知症予防の一つにつながります。
よく噛むことが口の運動になります。その上よく噛んで食べることで、食べたものをしっかり胃の中で消化することができるので、とても良い認知症予防の一つでもあります。

認知症予防の一つとして、適度な運動をすることも、一つの予防法です。
人間は運動をすることで脳を働かせるので、脳の運動は自然と認知症の予防へと繋がっていきます。
運動が苦手な人でも、簡単な体操や、軽いウォーキングなどから始め、日常生活で適度な運動を行なうと良いです。
1日に10分程度でも、やるのとやらないのとでは、認知症予防に大きく差が出ることもあります。