認知症は日々の生活の中で予防をすることができるのです

医食同源

若い内から

認知症は、主に高齢者が多くかかる病気ですが、かかってしまうのは、高齢者だけとは限りません。
近年では、若い人がかかってしまう「若年性認知症」とういうものがあり、働き盛りの年齢の人でも認知症が発症するというケースのことを示します。
もし若い内に認知症にかかってしまえば、仕事などをして収入を得ることができなくなってしまいます。
そうなってしまうと、所帯を持っている人などであれば、周囲にいる家族に大きな負担を与えてしまうという事態も起きてしまう可能性があります。
まして、その認知症にかかったしまった人が、家計を支える重要な立場の人手あれば、その周囲への負担はとても大きくなってしまいます。
そうならないためにも、若年性認知症という病気があることを理解し、早期発見と早期予防を行うことが重要になってきます。

若年性といっても、通常高齢者がかかる認知症の症状とはおおきく変わらないので、同じような症状が出た場合にはまず認知症ではないかと考えることが大切です。
若年性だからこそ、甘く考えてしまい、予防をしても良くならないような事態が生まれたりすることもあります。
しかし、働き盛りの人だからこそ、早期に予防を行ない、認知症と向き合うことで、より認知症の症状をおさえることが需要です。
認知症につながる原因は生活習慣病にあるともいわれています。生活習慣病は、高齢者であろうと若年者であろうとかかる病気であるため、その予防をしていくということは、若いうちからはじめるにこしたことはありません。