認知症は日々の生活の中で予防をすることができるのです

医食同源

認知症を知ろう

認知症とは、言葉の通り、「認知」をすることができなくなってしまう病気です。
普段生活をしていると、「物忘れ」などいう言葉で片付けられてしまう場合もありますが、物忘れと認知症は大きく違います。
物忘れというと、人と会う約束したときに時間を忘れてしまったり、約束した場所を忘れてしまったりなどを指します。
しかし認知症の場合は、人と会う約束をしたことそのものをわすれてしまったりする症状を指します。
約束をしたという体験事態を忘れてしまっているので、自分自身で症状がわかりづらいということもあります。
そのため、自覚するのではなく、家族や親戚などの発見で見つかるという例も少なくはありません。

認知症とは、人間が高齢化をすることによっておこる一つの病気です。
認知症には様々な種類があり、その種類はとてもたくさん存在します。
普段生活をしている中で、脳細胞の死滅が進んでいくことや、衰退をしていくことで、認知症は起きます。
日本では、高齢化も進呈しているため、認知症患者が増えてきており、高齢者の方だけがかかるわけではないのですが、年齢を重ねていくごとに発症する可能性は高まっていくため、高齢化が進んでいけば、今後も認知症は増え続けていくという可能性があります。
しかし日本では認知症に対する予防法なども多く普及しており、その予防法を実践することで、実際に認知症を防ぐことも出来ます。
予防への取り組みは、とても大切なことで、予防対策をとらずに認知症を治すことはとても困難です。