認知症は日々の生活の中で予防をすることができるのです

医食同源

家族のケア

認知症とは、認知症にかかってしまった本人の病気ではありますが、かかってしまった本人だけが意識をするよりも、その家族や親戚、友達など、周囲にいる人が認識をすることで、早期発見や予防など、サポートをすることへとつながっていくこともあります。
認知症にかかる患者のケースとして、本人に認知症の自覚がないということがあります。
その場合、周囲の家族や申請などがきづくことによって発見へと繋がっていきます。
また、認知症にかかってしまった人は、理解力や判断力などが低下していても、感情がまったくなくなってしまうというわけではありません。
認知症患者と言っても、人として悪質な行為を受ければ嫌がる方も多くいます。
そのため、認知症患者だけが、病気のことを理解し改善をしていくのではなく、周囲にいる人も病気のことを理解し、バックアップをすることで、認知所患者にとってのより過ごしやすい生活へと繋がっていくので、予防へとつながっていきます。

食生活の改善などは、特にまわりからのサポートを重要になってくることもあります。
食事をつくるのは、認知症患者の本人がつくる場合だけではありません。
周囲の人たちが料理を作るのであれば、その周囲の人たちが料理に使う食材や調理方法などに気を使ってくれることで、食生活を改善することにつながり、認知症の予防へとなります。
そのため周囲の人が理解し、サポートをすることはとても認知症予防においてとても大切なのです。