認知症は日々の生活の中で予防をすることができるのです

医食同源

認知症は予防できる

日頃生活をしている中で、出掛けるのに家の鍵を閉め忘れてしまったり、財布を忘れてしまったりなど、物忘れがおきてしまうことはよくあります。
この現象は子どもから高齢の人まで変わらずあることで、物忘れをしたからといって、それが病気だとは思うことはほとんどありません。
しかし、実際に物忘れが病気として存在します。
それを認知症と言います。この症状は主に高齢者のかたがかかりやすい病気で、全ての高齢者がかかるわけではありません。
その症状には個人差があり、まったく認知症にならないという高齢者も実際にいます。
しかし、そのような高齢者というのは、自然に物忘れをしなくなったのではなく、それなりの予防をしているという方も多くいます。
それは日々の生活で改善できることを改善して行ったり、自分が食べる食品などに気をつかったりなどがあります。
例え症状が出てしまったとしても、日々の習慣などに気をつけることで、事前にそうならないための予防をすることも可能です。

高齢者の方で、物忘れが激しくなってしまっても、自分が病気だと認めたがらない人もいます。
しかし、認知症は実際に病気としてあり、その病気の自覚症状をもつことから、予防へとつながり、予防をすることで、元の生活へと戻っていきます。
人間は、普通に生活をしていても、どうしても病気にかかってしまうことがあります。
そうならないためにも、自分の病気を知って、しっかりと予防の仕方を知ることが大切です。

おすすめコンテンツ

認知症を知ろう

認知症とは、「認知」ができなくなってしまうという病気です。これは物忘れとは大きく違ってきます。認知症は人間が高齢化することによってよく起きる病気であり、その症状は様々な症状があり、予防対策も様々なものがあります。

どんな症状

認知症とは、記憶障害や、見当識障害などのような症状があります。これらは日常生活において支障をきたす症状ですが、予防をすることも可能です。そのためには、まず自分が認知症であるかを知ることが重要になってきます。

トピックス

予防をする

認知症の予防方法にはいくつかの方法があります。それ日々の生活を改善していくことです。食生活の改善や、適度な運動など、予防を行なうことで、認知症は防ぐことが可能です。

  続きを読む

家族のケア

認知症は、認知症になった本人だけが気付き、予防を行うよりも、周囲の家族や友人も人達も正しく理解をすることで、認知症にかかった方へのサポートを行なうことができます。

  続きを読む

若い内から

認知章は高齢者の方が多くかかる病気ですが、高齢者の方だけがかかる病気ではありません。近年では、若い人でも認知症にかかるケースがあります。若いうちの認知症予防は、早期発見が重要となります。

  続きを読む